« solo & unit live in BUNGA 20分にエッセンスの凝縮を課して | トップページ | 【見沼たんぼ】芝川に沿って歩く »

2006.11.05

多摩オカリナフェスティバル

産まれて初めて女子大っちゅうところに来ましたDscn2898
   恵泉女学院大学!

MIKUさんに頼まれてオカリナの伴奏をしに
は〜るばる来たぜ恵泉

多摩オカリナフェスティバルの仕掛人 川島さんが
恵泉で教鞭を取っているらしく、
キャンパス内のチャペルでの演奏

このチャペルの音響が実にいい
  高音の抜けがよく、音もまわるのです
チャペル自体が最高の音響装置ってところ
高い天井が効を奏しているのでしょう

フェスティバルは十数チームのオカリナユニットが
ステージと二階から入れ替わりたちかわり演奏します

Dscn2902 正面の祭壇に作られたメインステージでの演奏が終わると
背後の二階からオカリナの音が降りそそいでくる
それが終わるとふたたびメインステージからの演奏が…

まだんなく続く、オカリナの音色はチャペルのおくゆかしい音響のせいもあって実に心地よいのです

各ユニットもソロあり、5~6人のアンサンブルあり

無伴奏あり、クラシックギターやピアニカノの伴奏あり
(カラオケにあわせての演奏には少々ビックリしましたがね…)

で、僕たちは最後から2番目の出番
古池雅彦+JAMI とクレジットされていました

川島さん、MIKUさんのオカリナに僕のギター伴奏

ジブリの曲を3曲演奏しました

アシタカとサン
ルージュの伝言
世界の約束

編成としてはかざぐるまと同じなんですが、
またちょっと違った音色、雰囲気のアンサンブルとなりました

いきなり!2弦のチューニングが狂っていてあわてました
が…微妙だったので演奏しながら調整してことなきをえました
助っ人で来ていて、演奏を壊したんじゃ話しにならないもんね

およそ2時間にわたるフェスティバルでしたが、飽きることもなく楽しめました

オカリナってのは音が素朴でシンプルなだけに、聴きつづけていると飽きてくるんです
  (少なくとも僕は…)

Dscn2901_1 でもそう感じさせなかったもは演奏者の技量によるものでしょうし
やはり、チャペルの持つ独特の音響効果のせいなんでしょうね

まるでグレゴリアン・チャントを聴いているような心地の良い時間でした

| |

« solo & unit live in BUNGA 20分にエッセンスの凝縮を課して | トップページ | 【見沼たんぼ】芝川に沿って歩く »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 多摩オカリナフェスティバル:

« solo & unit live in BUNGA 20分にエッセンスの凝縮を課して | トップページ | 【見沼たんぼ】芝川に沿って歩く »