« 氷点 40年前の父との会話を思い出す | トップページ | 遥かなる約束  「ひまわり」と「A Long And Winding Road」 »

2006.11.28

懐かしのラーメン屋いまだ健在

懐かしのラーメン屋いまだ健在

長男が小学校に上がる前
20年になるかな…
職場につれていったことがある
電車とバスを乗り継いで一時間半
子供には長旅だったろう
帰り道の夕暮れ時
腹が空いたとグズりだした

そのとき飛び込んだラーメン屋・小次郎
長男は一心不乱にラーメンをすすっていた
その姿を見てなぜか彼が不憫に思えてしょうがなかった

当時僕は胃をこわして、現場からはずれていた
交代勤務から昼間の一般職になり、給料は激減していた
印刷会社に勤めていながら、印刷機から外れ検査という補助的な仕事をしていた30歳そこそこの若さだった
将来に不安を感じていた

俺はこの子をちゃんと育てられるんだろうか

そんな不安定な気持ちだったためだろう

長男が不憫でしょうがなかった

ラーメン小次郎に足を踏み入れたのはそのとき以来
職場からの帰り道にあるのだが足が向かなかった
20年前と同じ醤油ラーメンを頼んだあの時のほろ苦い味は…
やはりほろ苦かった

|

« 氷点 40年前の父との会話を思い出す | トップページ | 遥かなる約束  「ひまわり」と「A Long And Winding Road」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのラーメン屋いまだ健在:

« 氷点 40年前の父との会話を思い出す | トップページ | 遥かなる約束  「ひまわり」と「A Long And Winding Road」 »