« モス・ライブ | トップページ | 【骨折り日記】 あと一ヶ月! »

2006.10.30

NHK・BS 嬬恋コンサート  拓郎って…カッコいいなぁ…

拓郎はやっぱりすごいヤツだった!

かぐや姫のステージも充分堪能することができました。
こうせつの客をノセル巧みなステージワークはあいかわらずだったし、
ショウヤンのギターテクニックもミゴト!
  (石川鷹彦先生とのコラボレーションは涙もの)
ほのぼパンダさんも健在
何よりもていねいな演奏は
胸の中に甘酸っぱい香りをすっと届けてくれました
青春時代をふりかえるには最高のステージでした

でも、やっぱり
  圧巻は拓郎!

なんだこの存在感は!
フルバンド(しかもストリングスつき)のぶあつい音をバックに
拓郎のボーカルはちっとも負けていない
  ガナルでもない
  絶叫するでもない
むしろ淡々という言葉がぴったりの拓郎のボーカル

驚いたのは圧倒的な音量の中で
言葉の一つ一つが心に突き刺さってくるんです
なんだこの感覚は
しばらく忘れていたこの感覚
メッセージフォークそのものじゃないか!
その昔、拓郎によって相対化されたメッセージソング
それが今、拓郎の歌からビンビンつたわってくる…
拓郎はまだ死んじゃいないよ

こんなに素直な気持ちで拓郎を聞くことができるとは…
正直思っていませんでした。
(30年前の僕は拓郎に対してむしろ批判的だったんです)
そして、不覚にも目から熱いものがこぼれ落ちてきました

いきなり!
中島みゆきが登場して拓郎と歌った「永遠の嘘をついてくれ」
もう気分は最高潮に達していました

この歌は中島みゆきが拓郎に書き下ろした曲
  拓郎がみゆきさんに曲を依頼して
   「俺にはもう『ファイト』のような歌は書けないと」
  そうこぼしたという話も聞きます
いろいろ憶測が飛びかった歌でした
  みゆきさんの拓郎に対するラブソングではないか…とか
  あたしたちにあれだけ夢を見させておいて、
  いまさら後にひかないでよ
  っていうみゆきさんの拓郎に対する思いであるとか…

そんなことが自然とオーバーラップしてきて、
そこに自分の人生までがクロスオーバーして
もう、メロメロになっていました

そしてエンディング
『今日までそして明日から』
延々と流れるリフレイン

私は今日まで生きてみました
私は今日まで生きてみました
私は今日まで生きてみました
私は今日まで生きてみました
そして今 私は思っています
明日からも こうして生きていくだろうと

コーラス隊と会場のお客さんが歌いつづけるリフレインをバックに
ふかぶかと頭を下げ続ける拓郎
止まらないリフレイン

かっこいいな…
拓郎てほんとカッコいいなぁ…

そんなことをぶちぶちつぶやく僕がいました

|

« モス・ライブ | トップページ | 【骨折り日記】 あと一ヶ月! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: NHK・BS 嬬恋コンサート  拓郎って…カッコいいなぁ…:

« モス・ライブ | トップページ | 【骨折り日記】 あと一ヶ月! »