« 清津峡 2006 夏 ライブ・アンダー・ザ・ランプ | トップページ | 「三貴」ライブ うわ! 超満員!! »

2006.08.17

海は恋してる

海はすてきだな 恋してるからさToct25106
誰も知らない 真っ赤な恋を
海が照れてるぜ 白いしぶきあげて
エクボのような ゆれる島かげ

君はきれいな 海の恋人
優しく抱かれて 夢をごらんよ

「海も 失恋すんのかなあ
涙をいっぱいためるのかなあ
だけどあふれだしたら困っちゃうな
だってオレ およげないんだもん」

君はきれいな 海の恋人
優しく抱かれて 夢をごらんよ

詩:垣見源一郎
曲:新田和長
歌:ザ・リガニーズ

2011464311 早稲田大学の学生バンドとしてデビューしたザ・リガニーズのヒット曲

この歌がはやったのは中学生のころだった
恋に恋する年頃の中学生は、
ロマンチックなメロディラインに琴線を響かされ
素人っぽいボーカルに親近感を抱いていた
(セリフのくささは… さすがに気恥ずかしかったけどね…)

シンプルなメロディはギターを覚え始めた僕たちにはカッコウのお手本だった

最近、この歌をライブで歌っている
ある、小さな恋の物語を紹介しながら…

中年に足を踏み入れたある男がひょんなことから…
中学生のころ好きだった女の子との再会を果たしました。
30年ぶりの再会でした。
二人とも故郷を遠くはなれ、人生の秋の時代を生きていました。
もちろんそれぞれに愛する人や子供たちに囲まれた人生です。

オレ…
実は君からもらった手紙とキーホルダー
今でも持ってるんだよ
覚えてるかな…

男は勇気をふりしぼって言いました

女はにこっと笑って応えました

私もね、
あなたからもらった手紙
今でも大切にしてるの…
覚えてるかしら?
「海は恋してる」の歌詞を書いてくれたの…
あのころ…
私、あなたが大好きだったな

オレも好きだった
だけど、そいつが言えなくてさ…
手紙に…歌に託したんだよ
あのころは文通がはやってたからね

二人は思い出話に時がたつのも忘れ話し込みました。
胸には熱いものがこみ上げていました
中学生のころ言えなかった思いを
30年の時を超えて今初めて口にすることができたんですから。
中学を卒業してから歩んできた自分の人生をふりかえり…
自分の今を思い…
あらためて淡い恋の来し方に思いをはせたのでした。

あのころもしも、二人の恋がかさなりあってたら…
オレたち…もしかしたら違った人生を歩いてたかもね

そうね…
でも…それぞれ違った道を歩いてきたわけだし…

オレにも君にもそれぞれ 守るべきものがある…
二人の淡い恋の思い出として…
大切にしまっておこうや

二人は思いを飲み込み、それぞれ待つ人の元へ帰ったのでした
思い出のこの歌を口ずさみながら…

海はきれいだな 恋してるからさ…

これは僕の中学時代の友人A君に聞いた実話だ。
彼とは35年ぶりに連絡が取れ、時々メールの交換をしている。

A君の思いは同じ青春を過ごした僕には痛いほど分かる。
歴史が繰り返すことはないし、
歴史に「もしも…」がないことは誰もが良く知っていることだ。

でも…
30年の時を超えた淡い恋もあるんだということを
ポツリとでもつぶやいておきたい。

A君同意の上でライブを通じて淡い小さな恋の物語を紹介させてもらっている。

「清津峡ミニライブ・アンダー・ザ・ランプ」でも物語を軸に演奏した。
オーディエンスの若者たちは秋の時代を迎えたおじさんの秘めた恋心が新鮮に映ったらしかった。
みな一様に感嘆の声を上げていた

そんな青春もあるんだよ
時を超えた恋心というものもあるんだよ…

|

« 清津峡 2006 夏 ライブ・アンダー・ザ・ランプ | トップページ | 「三貴」ライブ うわ! 超満員!! »

僕を通り過ぎた歌たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海は恋してる:

« 清津峡 2006 夏 ライブ・アンダー・ザ・ランプ | トップページ | 「三貴」ライブ うわ! 超満員!! »