« 斎藤君フィーバー… | トップページ | 自ら管抜き“尊厳死” 作家 吉村昭氏 »

2006.08.25

冥王星が惑星じゃなくなった!

スイ・キン・チ・カ・モク・ド・テン・カイ・メイ
(水・金・地・火・木・土・天・海・冥)

子供のころ呪文みたいにして覚えた、太陽系の九つの惑星群…

国際天文学連合で圧倒的多数で冥王星が惑星群からはずされました。

地球の月より小さい冥王星を惑星と位置づけてよいのか
冥王星程度の大きさの星が他にも見つかっていて、
冥王星を惑星として認めるとそれらも惑星に認定しなければならない

こういう科学的議論とともに、政治的議論(圧力か?)もあるそうです。

冥王星を惑星群から除外すると、アメリカ人が発見した惑星がなくなる

心情的には…

やっぱりさみしい感じがしますよね

なれしたしんだスイキンチカモク…が途切れちゃうんだからね

特に冥王星って特別な響きがあり、子供心に胸をふくらませた星ですから…

太陽から一番遠くにある惑星
閉ざされた氷の世界
字が怖い…
 冥土の王が支配する星
他の太陽系との境目

こんなイメージを描いていました

松本零士の宇宙ものでも冥王星はそんなイメージだったような気がするな
  僕は松本零士漫画の大ファンなのです
  「宇宙戦艦ヤマト」や「キャプテン・ハーロック」「銀河鉄道999」はもちろん
  「男おいどん」や戦争漫画にいたるまで男の美学を学ばせてもらいました。
  なにせ長男に哲郎と名づけたぐらいですから…

そのイメージがくつがえされた思いで…
やっぱりさみしい!

でも…

科学的根拠が政治的根拠に打ち勝った

という点では良かったのかな?って気もします。

政治的根拠ってカンペキアメリカの見栄ですもんね!

それにしても、冥王星を発見したアメリカの学者の未亡人のコメントは好感もてました。

望んでいた結論ではないが、
絶望する結論でもない
なぜなら主人は立派な科学者だったからです

いつもながらのアメリカ政府の悪あがきとごり押しを考えると
なんていさぎの良いコメントでしょう!

多分…科学的には今回の決定はいいことなんでしょうね。

冥王星を発見した功績はおとしめられるわけじゃないし
冥王星に感じた子供たちの夢が色あせるもんでもないでしょう

…でもやっぱりサミシイ……

|

« 斎藤君フィーバー… | トップページ | 自ら管抜き“尊厳死” 作家 吉村昭氏 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冥王星が惑星じゃなくなった!:

« 斎藤君フィーバー… | トップページ | 自ら管抜き“尊厳死” 作家 吉村昭氏 »