« あんた 泣いてんのね? 松山恵子さん逝く | トップページ | 朝市コンサート 5/13 »

2006.05.12

新緑の清津峡

Dscn2429 昨夜の雨がうそのように晴れ上がり、
新緑を通して日差しがさんさんと降りそそぐ山道を清津峡へ下る。

新緑の清津峡は何年ぶりだろうか…Dscn2449
清津の仙人がまだ存命だったころに来たきり。もう10年以上になるかな。
新緑の清津峡は静かで、明るくてゆったりして好きな季節。

急に思い立って来たのため装備はいたって簡単。Dscn2430
リュックサック式のギターケースを背負い、
トートバックの中は、ツェルトと食料のみ。

今回はひたすら静かにのんびり過ごしたい。
昼間はひなたぼっこでぼんやりすごし…
夜はたき火の炎をぼんやりながめ…
気が向いたらギターを弾いて…
そんなあんばいに怠惰に時間をすごせたらな…
命の洗濯ができればOK!

管理棟の前に下り立つと、管理人の沖西一家が次々と現れ暖かくお出迎え。
この瞬間がうれしい。
ああ、帰ってきたんだな…
ほっとひとごこち。

が…

ちょっといつもと雰囲気が違う。
若者たち20人ほどのグループがなにやら大きな荷物を運びおろしている。

ん?
あれはアンプだ、スピーカーもある…?
ややっ!なんと発電機までおろしてきた!!!!!
な、なんで?

電気のない清津峡にはまったく不釣合いの器材が…

管理人のアキラッチに聞くとディスクジョッキーなるものをやるとか…

そ、そりゃないでしょ?
清津峡の理念に反するよ
仙人がいたら今ごろ大目玉だよ

アキラッチは山道を何度も往復して器材を運ぶ彼らの根性に脱帽し、
特例で許可したみたい…

僕的には内心不快な感じはあったんですけどね。
のんびりしに来たのに、くつろげそうにないなって予感がしてね…

でもそんな気持ちをいだいてると、だんだん心が狭くなってきて…
顔で笑っていても不快感がつのり…
人を許せない嫌なヤツになってきちゃう。
こんなときは、彼らと直接話しをするが一番!

そう思い、いろいろ話しかけると…
みんな結構いいやつだ!

普段は店でしかやれないDJを、一度大自然の中でやりたかった。
そのために自分の体を使って何度も山道を往復して器材を運び込んだ。

そんな話を聞くと、こっちの気持ちも緩んで…
ぜひ体験させてやりたいなんて思っちゃたりして…

やがて、清津の谷間に大音響が流れ始め、
リズミカルな音楽に乗って若者たちは踊る、踊る…

僕もそれにあわせてケーナで飛び入り参加。
若者たちは歓声で迎えてくれる。

いいじゃんかっこいいじゃん

調子に乗ってギターで参加。
若者またしても歓声!

すっげぇ

浮かれついでの盆踊り
エンヤトット

それにしても若いってことはすごいことだなって思います。
延々と何時間も踊り続けるあのパワー!

夜の帳がおりても音楽はいまだ鳴りやまず、
サーチライトはこうこうと森を照らし…
こちらもいいかげん音に疲れてしまって、ぐったり…

と…

古池さん…
1時間くらい音楽をとめてもらうんで
ライブやってくださいよ

アキラッチは僕に気を使ってくれたみたいで、そう声をかけてくれた。

てなわけで、恒例のミニライブとあいなったワケで…

これが盛り上がった

例のDJグループはもちろん、他のグループも集まってくれて…

サーチライトを落とした森の中は真っ暗闇。
たき火とランプの灯りだけがたよりのアコースティックライブ。

DJもかっこいいけど、
こんな音楽会もあるんだってのを
彼らに伝えたかったんです

と、アキラッチDscn2452_1

少なからず、彼らにとってはカルチャーショックだったようで…
予定の1時間を大幅に超えて2時間以上の延長ライブ。

Dscn2457 今回、ミニライブに花を添えてくれたのは新進気鋭の中学生、ツカサ君。

ツカサ君は太郎ちゃん一家の長男坊・サッカー小僧、翔太の同級生。

最初は恥ずかしそうにおずおずと弾いていたけれど、なかなか筋がいい
おだてたらどんどんその気になって、やがて見事 木に登った

若者らしく今風の歌をバンバンやり始めた。
ゆず だとか ミスチルだとか…

Dscn2451DJグループもこれならOK! とばかりに大騒ぎ

ライブの主役の座をすっかりツカサ君に明け渡したカッコウ…

かくして清津の夜は更けていきました。

【新発見】

10年ぶりで張ったグリーンのツェルトは実に快適Dscn2438
ツェルトってのは緊急避難用の簡易テント。
この晩星があまりにきれいだったので、
ツェルトにもぐりこんで頭だけ外に出して星を眺めていた。
星を眺めるのには実に快適。
なにしろ出入り口のジッパーを閉めても頭を出せるんだから。
これは新発見だった。

翌日からは、清津にふたたび静寂が戻った。Dscn2443

当初の思惑通り、日向ぼっこと、たき火に明け暮れ、時々ギターを弾いたりしていた。

若い女の子と遊ぶのにも余念がなかった。
  お相手は小学3年生のサクラちゃん。
  幼稚園年長さんの萌ちゃん。

しっかりと命の洗濯をして、充電たっぷりで清津峡を後にした。

Dscn2453 Dscn2455 Dscn2446 Dscn2459 Dscn2462 Dscn2461 Dscn2448 

|

« あんた 泣いてんのね? 松山恵子さん逝く | トップページ | 朝市コンサート 5/13 »

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

清津峡」カテゴリの記事

コメント

おひさしぶりっす!先日はお世話になりました!
ギターだけでなく、文章も上手ですね~^^
表現力というところで同じなのでしょうか・・・
さすがです。

で、買っちゃいました!ギター!!翔太はタンバリン!!カミサンにほんとにやるのぉぉぉ~~~???と言われながら、本日今村家+つかさで楽器屋さんに行ってまいりました。(もう後にはひけなくなりました^^;)
10月の清津峡ライブに向かってがんばりま~す 
またお会いできることを楽しみにしてます^O^/

投稿: たろう | 2006.05.15 02:21

太郎ちゃん、コメントありがとさん!

そっか、とうとう買っちゃいましたか!
太郎ちゃんもだんだん深みにはまってきたね(笑
ウッシシ…

本当に後に引けなくなりましたね。
夏の清津峡
秋のLivr in 清津峡
楽しみにしてます!!

また会いましょう!

投稿: Martin古池 | 2006.05.15 23:41

久し振り!
Martin殿。
ブログ見ました、結構エンジョイライフで
いいじゃん。楽器できると良いね言葉いらないもんね、また聞かせてください。
 では また         たっちゃんヨリ

投稿: たっちゃん | 2006.06.03 07:03

たっちゃん

コメントありがとうございます。
八ヶ岳もそうだけど、山の中でのコンサート気持ちがいいですよね。

聴いてる人もそうかもしれないし、演奏してるこちらもね

特に清津峡の場合、完璧アコースティックだからひとしおです。

チャンスがあったら、秋の「Live in 清津峡」にも足を運んでくださいね。

投稿: Martin古池 | 2006.06.03 23:55

こんにちは(今晩はかしら?)

時々(?)、清津峡に伺う者です。
(7番のバンガローの建設に携わったりとか)

アキラさんとはスノーボードつながりで、
上にコメントしてる太郎ちゃん一家とは、お会いした事があります。
まだ翔太君が小学生で、夏休みの宿題手伝ったりとか。

土曜(6/3)に薪割と、調理台の修理したりと、
すっかり管理人の管理者です(笑)

ライブの話も聞いていたので、次回こそ聞きに行こうと思っています。
その時はよろしくデス♪


すみません、馴れ馴れしい感じで。。。
アキラさんに「鎌倉のみおっち」と言えば、
「辛口の女」ってゆう返事があるかと思います。

ではでは、失礼します。

投稿: みおっち | 2006.06.05 21:48

みおっちさん

いらっしゃい

そうですか、管理人の管理者!
いいですね!
アキラッチは少し管理してやらねばね…(笑)

ほんとこんどぜひご一緒したいですね。
たのしみにしてますよ

投稿: Martin古池 | 2006.06.06 01:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の清津峡:

« あんた 泣いてんのね? 松山恵子さん逝く | トップページ | 朝市コンサート 5/13 »