« 高田渡が残したもの…  | トップページ | 最先端の製版印刷展示会 PAGE »

2006.02.03

【ひとりごと】 今日は節分

我が家から豆まきが消えて何年になるかな。

子供たちが小学生高学年のころは、もうやってなかったような気がするな。

日本の風物詩を我が家の中にも残したい

当時はそんな気持ちもあったけどね。

でも、子供が大きくなってくるとだんだん知恵がついてきて…

鬼は外! 

福は内!!

なんて大声を上げるのが気恥ずかしくなるんだろうね。

しょうがねえや…

お父さんが、お面かぶって鬼やってるのに、悪いから…

そんなのが鬼であるオヤジに伝わってくるんだな。

そうなると鬼役のこっちが気恥ずかしくなってきて…

結局、いつの間にか消えてしまった…

そういえば…

関東地方の豆まき用の豆って大豆を炒ったやつだよね。

あれはなんとなく違和感があったなあ。

豆まきが終わった後、いっせいに掃除が始まって

掃除機で豆を吸い込む音はちょっと抵抗があった。

いいのかな…?

こいつを歳の数だけ食べなきゃいけないんだろ?

まあ、掃除機を開けてそこから豆を拾うことはしなかったけどね…

僕の子供時代…

北海道の函館では南京豆(落花生)をまいていた。

鬼が退散した後、その南京豆を拾って歳の数だけ殻をむいて食べる。

当時は掃除機なんて無いから、手で拾ってたよな。

聞くと節分の豆まきに南京豆を使うのは北海道から始まったらしい。

昭和30年代。僕が子供のころ!

それが東北地方にも伝わったとか

友人に異常なまで節分ににこだわってるやつがいる。

子供が家を出て夫婦二人暮らしなのに、いまだにマジで豆まきをやってる。

50男が子供もいないのに大声で豆をまいてる姿はなんとなく照れる…

たぶん、彼の両親が豆まきに熱心だったんだろうと想像している。

だから、いまだにその習慣を続けてるんだろうな。

言ってしまえば、正月の雑煮と同じなんだろうけど…

やっぱり照れる!!

最近コンビニに行くと

節分には恵方巻き ポスターが貼られているよね。

予約販売承りますってくらいだから

節分に恵方巻きを食べる人が増えてるんだろね。

以前は恵方巻きなんてほとんど聞いたことがなかったけどね。

でも恵方巻きの歴史は意外と古いらしい。

関西方面では大正時代からやってるとか…

その年の良き方角を向き、黙々と、まるかぶりをする

これが正しいやり方だとか。

声を発すると縁が逃げるし、

包丁を入れると縁が切れるとか…

恵方巻きという習慣がない僕には、

その光景って想像するとなにやら不気味な感じがする。

家族そろって、同じ方角を向き、声も立てずに太巻きを口に押し込む…

やっぱり変だ!

近年、この恵方巻きを食べる家庭が増えてきたってのは

豆まきがやりにくい生活環境になっているってことなんだろうか…

掃除が大変

近所に対する気兼ねもある

今の住宅事情じゃ…

鬼はー外ー!! 

なんて大声出しずらいよね。

若いお母さんたちは、豆まきより 恵方巻き!

掃除もいらないし、晩飯代わりになる…

いいことづくめだよね。

なんだか、コンビニ商魂に踊らされてる気もするけどね…

|

« 高田渡が残したもの…  | トップページ | 最先端の製版印刷展示会 PAGE »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【ひとりごと】 今日は節分:

« 高田渡が残したもの…  | トップページ | 最先端の製版印刷展示会 PAGE »