« 機械が先か…俺が先か… | トップページ | 忠犬ハチ公 & グータラ犬ポン太 »

2006.01.09

高校サッカー 野洲高校優勝

見ごたえのある試合でしたね。

伝統と力の鹿児島実業新進気鋭と技の野洲高校

僕はおとといの多々良学園戦で野洲高校にすっかり魅せられていました。

だから彼らが鹿児島実業にどこまで喰らいつけるかというのが見所でした。

ところが、喰らいつくどころか堂々と互角の戦い。

前半は先制点をあげたこともあって、完全に野洲ペース。

あたりの強い鹿児島実業を飄々といなしてましたね。

ドリブルとパス交換で鹿児島が触る前にボールを動かしていた。

巧みですね!

ところが、後半になるとうってかわって鹿児島実業が力を見せて同点!

ゲームが本当に面白くなったのは延長に入ってからですね。

スピードと力だけじゃないことを鹿児島実業は見せてくれました。

逆に技とセンスだけではないところを見せてくれた野洲高校工。

まさに総力戦。

あらん限りの力と技を繰り出しての戦いに、興奮させてもらいました。

そして、最後は野洲高校のプロ顔負けのテクニックとパスワークで勝ち越し!

高校サッカーって本当に面白い。

それにしても…

野洲高校の山本監督が標榜した野心(?)。

高校サッカーを変える

共鳴するものがあります。

日本のサッカー界が持ってる限界は6・3・3制にあるとは昔から言われてきました。

高校サッカーは個人の技術よりも、組織サッカーで勝負に勝つことを追及してきました。

高校3年間で結果を出さなければならないから、やむをえない部分もあるんですがね・・・

その結果、鹿児島実業や国見のようなパワフルなサッカーが隆盛となるわけで。

でも、個々のプレーヤーの技術的のびしろを食いつぶしていくことにはなるまいか…

ドイツのような充実したクラブの下で一貫したサッカー指導が望ましいと言われてきたわけです。

日本では読売クラブがパイオニアになって成果をあげてきたわけです。

でも6・3・3制はそう簡単に変わるはずもなくて・・・

山本監督は6・3・3制の枠の中で、個人の技術を高めることによって勝てる高校サッカーチームを作ったという点ですごいと思います。

鹿児島実業の松澤監督はこんなことを言っていました。

高校サッカーは試合に出るメンバーだけではなく、

部員や生徒、その父兄はもちろん小さな子供たちにいたるまで

サッカーの裾野を広げる大切な役割を果たしている。

(だいたいこんな感じの内容でした・・・)

たしかにクラブチームだけではその数からして高校チームの比ではないわけで…

北海道の片田舎の弱小高校サッカー部出身とはいえ、僕だってその裾野の一部ですしね。

そういうことを考えると・・・

6・3・3制の枠の中で挑んだ山本監督と野洲高校サッカー部の挑戦に…

アッパレ!!!

|

« 機械が先か…俺が先か… | トップページ | 忠犬ハチ公 & グータラ犬ポン太 »

サッカー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校サッカー 野洲高校優勝:

« 機械が先か…俺が先か… | トップページ | 忠犬ハチ公 & グータラ犬ポン太 »