« 出前コンサート  草加 「一栄」 | トップページ | 寒風吹き抜ける清津峡 »

2005.12.19

自転車チーム JB‘z 忘年会

JB‘z の忘年会に数年ぶりに参加しました。

会社内のメンバーが主体のチームで、普段から顔を合わせている連中ばかりなんですが…

でも、10年ぶりに顔を合わす仲間も何人かいるわけで…

横浜のINOUE君の家に着いたのは夜の11時過ぎでした。

なんせ「一栄」ので出前コンサートを終えてから、越谷から車を走らせたもんで…

DSCN2067INOUE君の家に入るなり、おもわず酔っ払い連中に抱きつかれ…

少々面食らいました。

夕方の5時から飲んでるんだから、いいかげん出来上がってるワケで・・・

こっちはシラフだっつうの!

きついてきたのは、IWAOKA君。

俺はうれしいよ

古池さんがまた復活してくれたんだから…

なんたって、俺が自転車始めたのはね、

古池さんにあこがれたからなんだからね!

普段は、まじめ・几帳面を絵に書いたような奴で…

自転車も仕事もね!

こっちはもう、たじたじ…

考えてみると、僕がJB‘zのメンバーとして一緒に活動した期間って短いんです。

38歳でサッカー部からJB‘zにのりかえて、43歳までの5年間。

中身のつまった5年間でした。

でもちょっとばかり無理をしすぎたか、ひざを負傷。

ひざをかばって走ったため、今度は腰にきて・・・

いわゆる「悪魔のサイクル」ってやつにはまってしまったんです。

その後内臓も悪くして…
(これは単なる飲みすぎ、食いすぎ、不摂生?)

結局その後、8年ものブランクが空いてしまったわけです。

僕が走れなかった時期、IWAOKA君は顔を合わせるたびに励ましてくれてね…

古池さん、ちょっとずつでいいから、また走りましょうよ!

サロマ100キロレース完走が古池さんの夢でしょう?

ランニングはまだできないだろうから、せめて自転車から…

キマジメなIWAOKAクンの励ましは、走れない僕にはうれしかったですよ。

でも反面、ずっしり重かったな…
(これ、当時の本音…)

走りたくて走れない人間って、善意のかたまりで励まされると逆につらくなる!

そんな人情の機微を知るには、当時のIWAOKAクンはまだちと若かったのかな・・・?

ま、そんなIWAOKAクンだから、僕が久しぶりにJB‘zに顔を出してうれしかったんでしょうね。

それにしてもIWAOKAがこんなに酒癖が悪いとは思わなかった(笑い

今の僕は当時のようにレースに出て完走をめざすなんて夢はありません。

そんな夢は持ちたくても…持ちようがないしね。

東京-糸魚川300キロレースにエントリーしても、走りきる力はもうないし…

蔵王リレーレースに出てもチームに迷惑をかけるしね!

夢や目標って練習を重ね、走力が回復する過程で、はじめて意識に上ってくるもんでね。

でも、自転車はコンスタントに続けるつもりです。

毎日の通勤サイクリングの延長上で、また何かやりたいことが生まれてくるように思うんです。

何しろ僕の自転車の原点は高校時代の通学サイクリング。

社会人になってからは通勤サイクリングを続け…

その延長上にJB‘zでの活動があったわけですからね。

先日、ブルー・サファイア号の退役と入れ替えに、レッド・アロー号が生まれ変わって復活しました。

通勤サイクリングのモチベーションもうなぎのぼり!

でも・・・

ふたたびレースに参加するってことは…

もうないかもしれないなあ…

もっと別の形のものが出てきそうな予感がしています。

 

|

« 出前コンサート  草加 「一栄」 | トップページ | 寒風吹き抜ける清津峡 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自転車チーム JB‘z 忘年会:

« 出前コンサート  草加 「一栄」 | トップページ | 寒風吹き抜ける清津峡 »