« 【札幌日記】 大通公園での「街角ゲリラ・ライブ」 | トップページ | 【札幌日記】 あふれる涙… 父の墓前にて »

2005.11.12

【札幌日記】 室蘭東高校第8会生 同窓会

「卒業写真」

悲しいことがあると  開く革の表紙
卒業写真のあの人は  やさしい目をしてる
町で見かけたとき   何も言えなかった
卒業写真の面影が   そのままだったから
人ごみに流されて   変わって行く私を
あなたは 時々遠くで叱って

話しかけるように   ゆれる柳の下を
通った道さえ今はもう 電車から見るだけ
あの頃の生き方を   あなたは忘れないで
あなたは 私の青春そのもの

      荒井由実作詞・作曲/昭和50年

同窓会の最後に、「卒業写真」を歌う。 05110514
同級生の前で歌うのはちょっと照れくさい。
でも万感の思いをこめる。
同い年のユーミンのこの歌が…
僕らの同窓会にはぴったりに思えたんだ…

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

室蘭東高校・第8回生。
当時、商業科2クラスと普通科2クラスに分かれていた。
僕たちは普通科のC組・D組。
2クラスしかないから、C組もD組もなかった。
同窓会も福田先生を中心にC/D合同で行われてきた。
(C組担任の松田先生はすでに他界されている)

今回の同窓会。
特別の意味があるような気がする。

50歳の峠を越え、人生の『秋の時代』を迎えている僕たち。
今年いっぱいで無くなってしまう、母校・室蘭東高校。
(室蘭商業高校と統合される…!)
そして古希を迎えられた恩師・福田隆三先生。

年齢とか、時の流れとか、人生とかを意識せざるを得ない同窓会になった。

参加者総数は26名。同級生の三割が出席できたことになる。

高校を卒業して33年…
昔の面影をどこかに残しつつも、みんなの顔には…
それぞれの人生が刻まれてるような気がする…

みんな、よくぞここまで歩いてきたな。
いろんなことあったんだろうな。
俺にも、いろんなことあったよ…

頭が真っ白になったやつ。
まばゆいばかりに光り輝くやつ。
すっかり母さんっぽくなった子。
同級生同士で結婚した二組の夫婦。
卒業以来初めて顔を出したやつ。

人生の秋に足をふみいれた僕たちは…
この先、どんな生き方をし、どうやって年を重ねていくのだろう…

それを探ることが、今回の同窓会のテーマのような気がする。

僕たちには何年かに1度こうやって顔を合わせ、心置きなく語れる仲間がいる。
そこには利害も打算も何もない。

語り合い、あのころの気持ちに立ち返る。
そこには懐かしさばかりではない、自分を見つめなおす鏡がある。
仲間という鏡がある。

そして恩師・福田先生がいる。
70歳にしてなお、理想を追い求め、教鞭をとり続ける先生。
高校時代から教師という領域を完全に超えていた。
先に生まれ、先に生き、後進の道を照らす人生の灯台のような先生だった。

この先僕たちが、それぞれがどんな生き方をしていくのか…
何年後かに開かれる次の同窓会が今から楽しみだ。

私は今日まで生きてみました…
時には誰かと手を取り合って
時には誰かに裏切られて
私は今日まで生きてみました
そして今私は思っています
明日からも こうして生きていくだろうと

私には 私の生き方があり…
それはおそらく 自分というものを
知るところから 始まるものでしょう
だけどそれにしたって
どこで どう変わってしまうか
そうです
分からないまま 生きていく
明日からの私です

私は今日まで生きてみました…
そして今 私は思っています
明日からも こうして生きていくだろうと…

   吉田拓郎 『今日までそして明日から』

|

« 【札幌日記】 大通公園での「街角ゲリラ・ライブ」 | トップページ | 【札幌日記】 あふれる涙… 父の墓前にて »

北海道」カテゴリの記事

札幌日記 2005秋」カテゴリの記事

コメント

楽しかったね、ワイン飲み過ぎで酔っぱらってしまった。写真画像数落とさないで送っておくれ…またやりたいね。14日から16日名古屋方面、20日から24日まで中国 深圳でーす。トホホ、来月東京行くかもしれないから、決まったら早めに連絡するね、

投稿: izumida | 2005.11.12 11:19

Izumida君

コメント さんきゅ!

相変わらず忙しそうだね!!

無理せずがんばりましょう。おたがいに!!

東京来たら、高円寺の「ENTA巣」でいっぱいやるべ!

投稿: Martin古池 | 2005.11.13 00:25

同窓会やクラス会のムード盛り上げの歌があります~君といたふるさと~といって透き通ったいい声で歌っています。ご紹介。スパムではありません。
http://music.geocities.jp/ntmusicstation/index.htm
因みに歌詞はふるさとの 友よ 懐かしい 学び舎、あれから 幾年月過ぎたのだろう 思い出すよ あの頃 アルバムの中の君が セピア色にかがやいている・・・それぞれの道を歩み 今こうして会える時をふるさとの友と共に 分かち合い 笑顔を交わす 

投稿: tsutsu | 2008.06.10 08:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【札幌日記】 室蘭東高校第8会生 同窓会:

« 【札幌日記】 大通公園での「街角ゲリラ・ライブ」 | トップページ | 【札幌日記】 あふれる涙… 父の墓前にて »