« 空一面 羊の群れ 群れ 群れ | トップページ | まいったなあ・・・ネットにつながらない »

2005.10.14

フォーク・クルセダース 「戦争は知らない」

野に咲く花の 名前は知らない
だけども野に咲く 花が好き
ぼうしにいっぱい つみゆけば
なぜか涙が 涙が出るの

戦争の日を 何も知らない
だけど私に 父はいない
父を想えば ああ荒野に
赤い夕陽が 夕陽が沈む

いくさで死んだ 悲しい父さん
私はあなたの娘です
二十年後の故郷で
明日お嫁に お嫁に行くの

見ていて下さい はるかな父さん
いわし雲とぶ 空の下
いくさ知らずに 二十才になって
嫁いで母に 母になるの

寺山修司 作詞
加藤ヒロシ 作曲

フォークルの歌ったこの名曲について、考えさせてくれる記事があります。

ロバート・キャパや澤田教一という命を張って写真を撮り続けた報道カメラマンの話を絡ませての記事です。

ご一読を

「いつでも青春音楽館」より

|

« 空一面 羊の群れ 群れ 群れ | トップページ | まいったなあ・・・ネットにつながらない »

音楽」カテゴリの記事

おすすめ記事」カテゴリの記事

僕を通り過ぎた歌たち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーク・クルセダース 「戦争は知らない」:

« 空一面 羊の群れ 群れ 群れ | トップページ | まいったなあ・・・ネットにつながらない »