« まいったなあ・・・ネットにつながらない | トップページ | 越谷中央中学でコンサート »

2005.10.19

妙に懐かしい・・・ 小林旭 「ちんから峠」

kobayasiakira

ちんからほい ちんからほい

ちんから峠の お馬はほい

やさしいおめめで

ちんからほいほい ちんからほい

お鈴を鳴らして通ります

春風 そよ風 うれしいね

作詞:細川雄太郎/作曲:海沼 実/編曲:狛林正一

kobayasiakira2衝動的に、ほんとに衝動的に小林旭のCDを買っちゃいました。

監修が・・・

な・なんと!!

あの 大瀧詠一 でっせ

それにしても、小林旭を意識して聴いたことなんてなかったのにね。

小林旭のイメージったら、なんてったてギターを抱いた渡り鳥。

銀幕の大スターが映画のあいまに高音かんかん響かせて歌ってるてなもんです。

たぶん、僕の一世代上の人たちなんでしょうね。青春時代にリアルタイムで小林旭と出あい、「熱きおもい」をよせるのは。

でも、CDを聴いていてなんともいえない懐かしさを感じちゃうんですよね。

ほのぼのとした、あったかさ。

・・・

なんなんでしょうね?

たぶん、少年時代ラジオから流れてきた、あのかんかん声が身体の中にしみこんでいたんでしょうね。それが記憶の奥深くに身をひそめていて、ふっとわいて出てきたんじゃないかな・・・

とくに「ちんから峠」なんて、たまんない余韻がありますよ。

でも、僕には歌いきれないかもしれないな。

小林旭のあのかんかん声だからこそ、魅力あるのかも・・・

それにしても、大瀧詠一先生が小林旭大研究(?)をしてるってのは聞いたことあったけど、どういところに惹かれているのか興味がわいてきます。

| |

« まいったなあ・・・ネットにつながらない | トップページ | 越谷中央中学でコンサート »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 妙に懐かしい・・・ 小林旭 「ちんから峠」:

» シュガーベイブス「SONGS」追加情報 [鳥肌音楽 Chicken Skin Music]
今週は音楽雑誌を読み漁った一週間でした ミュージックマガジン  「特集 ニールヤングの孤独な旅路」 レコード・コレクターズ 「特集 ザ・バンドが甦らせた伝統の歌と物語」 クイック・ジャパン    「ENDLESSLY GROOVIN' 山下達郎」             ... [続きを読む]

受信: 2005.10.21 09:14

« まいったなあ・・・ネットにつながらない | トップページ | 越谷中央中学でコンサート »