« 建国記念の日 に思う | トップページ | 街角ライブ 2/19 「君の歌う目的は何かね?」 »

2005.02.18

人気の道徳講師は路上ライブ出身、命テーマに心動かす(読売新聞)

路上ライブ出身のシンガー・ソングライター、大野靖之さん(22)(千葉県印西市)が、首都圏の中学校で道徳講師として人気を集めている。
 母親を失った経験をもとに、「命」や「家族」をテーマにしてきた。千葉県教育委員会から非常勤講師の辞令も受け、教室を舞台に伸びやかな歌声で生徒の心を動かしている。(←全文はこちら)


路上シンガーのひとつの可能性なのでしょうね。

彼以外にもT'zという高校教師二人組みが路上ライブでオリジナルを歌っています。彼らのテーマは「学校へ行こう」。全国規模でコンサート活動を続けていて、本まで出版しています。

いずれにしろ、日常のできごとをとおして命の大切さや、人が生きるということの意味をポジティブに問いかける彼らの活動に共感を覚えます。

    →大野靖之さんの関連ページ

|

« 建国記念の日 に思う | トップページ | 街角ライブ 2/19 「君の歌う目的は何かね?」 »

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人気の道徳講師は路上ライブ出身、命テーマに心動かす(読売新聞):

» 唄う先生 [A-tsuのMusic Pop]
人気の道徳講師は路上ライブ出身、命テーマに心動かす 俺も大学で教職課程とってれば、こんな先生になりたかったのになぁ..... 俺のかわりにがんばっ... [続きを読む]

受信: 2005.02.18 18:55

« 建国記念の日 に思う | トップページ | 街角ライブ 2/19 「君の歌う目的は何かね?」 »