« 織歌座でジャズを聴く | トップページ | 『イムジン河』 »

2005.01.31

買い食い

「イーグル文京」のドーナツパンを久しぶりに食べた。

仕事場に向う道を歩きながらドーナツパンをほおばる。ゆっくり噛みくだし、口の中に広がる甘さを楽しむ。

すれちがう人が視線をそらしていく。
後ろから歩いてきた同僚の女の子が困ったような顔をして追い越していく。

50過ぎの親父が何をガキみたいに買い食いしているのだといわれそうだが、ガキの頃からの習慣なのだからしょうがない。

アンパンやドーナツパンって(豆パン・ジャムパンの類も)買い食いしながら歩くのが一番うまいと思う。
ゆっくり歩きながら、その歩調に合わせるようにかみしめる。空を眺めたり、足元の植え込みなんか眺める。
なんとなくほっとするのは、子供の頃の買い食いの記憶が体に刷り込まれているからだろうか。

多分いくつになっても、買い食いはやめられないと思う。


(→パン屋「イーグル文京」とドーナツパンについての記事はこちら)


200501310837.jpg

|

« 織歌座でジャズを聴く | トップページ | 『イムジン河』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買い食い:

« 織歌座でジャズを聴く | トップページ | 『イムジン河』 »