« 『北の零年』 見てきました | トップページ | 街角ライブ 1月29日 スイングアウト »

2005.01.27

若いふたり」歌手の北原謙二さんが死去(読売新聞)

@nifty:NEWS@nifty:「若いふたり」歌手の北原謙二さんが死去(読売新聞)


北原謙二というと『若いふたり』がすぐ浮かんでくる。
小学生の頃、やたらくちずさんでいた。

チャン チャン チャチャチャ チャン チャ
チャン チャン チャチャチャ チャン チャ

ドドンパのリズムがなんとなくウキウキさせてくれた。

幼い頃に流行った歌なので、もっと高齢の方だと思っていた。享年65歳はちょっと意外だった。

「街角ライブ」で『若いふたり』を歌わせてもらうことにする。
僕が幼い頃に出会った忘れられない歌として。
-------------------------------------

   若いふたり

君には君の 夢があり
僕には僕の 夢がある
ふたつの夢を よせあえば
そよ風甘い 春の丘
若い若い 若いふたりのことだもの


君には君の 歌があり
僕には僕の 歌がある
ふたりが歌を おぼえたら
たのしく晴れる 青い空
若い若い 若いふたりのことだもの


君には君の 道があり
僕には僕の 道がある
ふたりの道は 遠いけど
昨日も今日も はずむ足
若い若い 若いふたりのことだもの

-----------------------------------------

ご冥福をお祈りします。

北原謙二さんについてのサイトはこちら

|

« 『北の零年』 見てきました | トップページ | 街角ライブ 1月29日 スイングアウト »

ニュース」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

『街角ライヴ』」カテゴリの記事

コメント

 ぼくも北原謙二の歌が好きでした。今でもカラオケで「ふるさとの話をしよう」を歌います。そうこの曲は浪速のモーツワルトことキダタローさんの作曲ですね。
 「北風」って曲もありましたよね。
 話は変わりますが、同年代の佐川満男さんはいまも歌に演技に絵にがんばっておられますよね。以前京都の宵々山コンサートで高石ともやが「背広姿の渡り鳥」を歌わせてました。これにはマジ感激しました。
 この二人の共通点は関西出身で、当時の流行ウェスタンを歌っていたことだと記憶します。
 なんだか懐かしくなって、長文になりました。お許しください。
 そうそう、街角ライヴ続けてくださいね。
 

投稿: コマッキー | 2005.02.01 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 若いふたり」歌手の北原謙二さんが死去(読売新聞):

« 『北の零年』 見てきました | トップページ | 街角ライブ 1月29日 スイングアウト »