« 朝霧 | トップページ | 買い出しサイクリング »

2004.11.20

瑞沼小学校 かざぐるまコンサート

DSCN1091.JPG


三郷市立瑞沼小学校で「オカリナ・アンサンブル かざぐるま」のコンサートをやってきました。
学校行事、「音楽鑑賞」の一環として企画されたもので、過去お琴のコンサートなどが催されたそうです。

瑞沼小学校はすぐお隣の「さつき小学校」と統合されるため今年度いっぱいで廃校になるそうです。
「三郷団地」というマンモス団地のそばにあり廃校という言葉は想像もつかないほどなのですが、それほど近年子供の数が減っているということなのでしょう。「高齢化社会」という言葉が妙に現実味を帯びて感じられました。

生徒総数役150人。1学年平均25人。体育館は本当に広く感じました。
子供たちの表情は明るく、ニコニコしながら挨拶を返してくれ、うれしかったです。

コンサートを前に先生が「みんなが静かにすればマイクがなくても先生の声が聞こえまーす」と声をかけるとそれまでざわざわしていたのがスーッと静かに。少人数ならではだなと妙に感心しました。
「かざぐるま」はこれまでも学校の体育館で何度も演奏してきたので、その経験から体育館の広さ対策としてマイクをセットしていました。でももしかしたらマイクなんかなくても充分にイケタかなとも思います。

子供が対象のコンサートなので、宮崎アニメの主題歌を何曲か入れたりしたのですが、さすがに反応があります。演奏していて手応えが返ってきてやりやすかった。子供たちの反応の仕方はさまざまでしたが、一生懸命聴いてくれているのが伝わってきました。

今回は子供たちにオカリナの音を聞かせることが趣旨だったので、歌は1曲だけ。
でも僕、Martin古池はこの1曲に全身全霊をかけましたよ。
森山直太郎君の『さくら』。
歌は卒業をテーマにした内容。今年度で無くなる学校だという思いが強くて子供たちが大きくなったとき瑞沼小学校が心のよりどころになってもらえるようにという祈りを込めて歌いました。
僕の出た函館市立青柳小学校も谷地頭小学校と合併になり、僕の体に染み付いた校歌が歌われなくなっています。正直本当に寂しい。
瑞沼小学校の校歌も今年いっぱいでなくなるわけです。でも子供たちの心の中に、記憶の中にいつまでも行き続けて欲しい。そんな願いを込めて、『さくら』のエンディングは瑞沼小学校の校歌をワンフレーズ忍び込ませたのですが、わかったかな・・・? 最前列に座っていた男の子が不思議そうな顔をして聴いていました。

   本日のプログラム
  1. 小さな世界   (ミッキーマウスのテーマ)
  2. いつも何度でも (宮崎アニメから)
  3. もののけ姫   (宮崎アニメから)
  4. となりのトトロ  (宮崎アニメから)
  5. 大きな古時計
  6. 世界にひとつだけの花(スマップ)
  7. 見上げてごらん夜の星を
  8. 夜空のトランペット
  9. コンドルは飛んでいく
 10. さくら  (森山直太郎)
 11. もみじ (唱歌) 子供たちと一緒に

|

« 朝霧 | トップページ | 買い出しサイクリング »

オカリナ・アンサンブル かざぐるま」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 瑞沼小学校 かざぐるまコンサート:

« 朝霧 | トップページ | 買い出しサイクリング »