« 焼きいも | トップページ | 八ヶ岳山麓 『森の音楽祭』 »

2004.08.31

ちいさな一人旅  風と自転車

台風の風をぬって自転車を走らせた。200408310739.jpg

いつもの通勤サイクリング。
30分の道のりを45分かけてのプチ一人旅だった。

強烈な向かい風。
ペダルを軽くする。
足をまわす。
まわしてもまわしても前に進まない。

突然風がやむ。
おっ?と思うと横からの突風!
自転車があおられヒヤリ!
あわててバランスをとる。

自転車にとって一番の大敵。
それは風。
雨でも、冬の寒さでもない。
風が一番怖い。

すぐ右側を車が走りぬける道。
神経をすり減らしながら走る。

  ★★★★★★★★★★★★★★★

ふと10年前の自転車旅行を思い出した。

40歳の誕生日。
父の1周忌。
僕にとって特別の意味を持つ旅だった。

生まれ育った函館をスタート。
高校時代をすごした室蘭に一泊。
母の住む札幌をめざした。
400キロの旅路だった。

室蘭から苫小牧までの長い道。
海岸沿いの一本道だった。
右に内浦湾。左に樽前山。
遠くにかすむ苫小牧の製紙会社の煙突。
猛烈な向かい風だった。
漕いでも濃いでも一向に前へ進まない。
何時間走っても景色は変わらない。

強烈な浜風に自然の力の大きさ、獰猛さを実感。
それに立ち向かおうとする人間のなんと小さなことか。

  ★★★★★★★★★★★★★★★

あの時の感覚を思い出していた。
いつもなら何も感じることなく走り抜ける道。
忘れかけていた感覚を思い出させてくれた台風。

たった45分のことだった。
でも結構すてきで、小さな一人旅だった。


|

« 焼きいも | トップページ | 八ヶ岳山麓 『森の音楽祭』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちいさな一人旅  風と自転車:

« 焼きいも | トップページ | 八ヶ岳山麓 『森の音楽祭』 »