« 菜の花 | トップページ | 夜明け前 »

2004.02.19

胃が痛くなる試合 オマーン戦

こんなに疲れた試合は久しぶりだ。
押しているのに、いいパスも入っているのになぜゴールネットをゆらせない。
前半終了までは見ているほうもまだ余裕だった。
むしろオマーンの健闘を心地よく思っていた。
中村俊輔のPKをはばんだキーパーの読みと反応に驚嘆した。
(自分も現役時代キーパーだったためか、キーパーのファインセーブには敵味方関係なく拍手を送るクチだ)
でも後半が始まっても同じ展開を繰り返すうちに胃のあたりがきりきりしてきた。
得点できそうな気がしないのだ。
オマーンのマンマークの固さ、寄せの早さ、ルーズボール奪ったあとのカウンター
どれをとっても不安をかきたてる内容だった。
ロスタイム突入。
もうほとんどあきらめに変わっていた。
気持ちは次の試合に切り替わっていた時に久保のゴール。
安堵と緊張の糸が切れて、床に突っ伏してしまった。
最後まで試合を捨てなかった選手に対して、ちょっと自分が恥ずかしかった。
このはらはらドキドキ。
だからサッカーは面白い。
フ~…

|

« 菜の花 | トップページ | 夜明け前 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 胃が痛くなる試合 オマーン戦:

« 菜の花 | トップページ | 夜明け前 »