« 喉がイガイガ | トップページ | 裂けたジーパン »

2004.01.29

春のいぶき

200401290728.jpg


寒い日が続いていた。
知らずに背中は丸くなり
視線は足元に落ちていた。

久しぶりに暖かい朝
ふと顔を上げてみた。
裸の猫柳が目に飛び込んできた
つい2ヶ月前には
葉に守られていた木
今はまとうものひとつなく
北風に身をさらしてきた細い枝

でも…
よく見ると
その細い枝に
小さな芽が顔を出している
知らないうちに
冬の寒さにじっと耐え
強い北風に身をなびかせて
花咲かせる春を準備してきたのか

自然の営みの
  けなげさ
    したたかさ

|

« 喉がイガイガ | トップページ | 裂けたジーパン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春のいぶき:

« 喉がイガイガ | トップページ | 裂けたジーパン »